アラプラス糖ダウンの効果と購入レビュー・口コミ・Q&A

アラプラス糖ダウン

「アラプラス糖ダウン」は、いまやテレビCMなどでかなり認知度も高まった血糖値サプリメントですが、5-アミノレブリン酸(ALA)という成分が使われていて、一度説明を読んでも分かりにくいのではないかと思います。

どんな機能で、どんな人が飲めば一番効果が期待できるのか、他との違いは何なのか、副作用は無いのか、どこでどう買えば一番お得かなど、購入レビューも含めて、是非参考にしてください。

糖ダウンの機能と血糖値への効果は?

アラプラス糖ダウンの商品説明に、「糖の吸収を抑える一般的な血糖値対策商品と異なり、独自成分ALAによって糖の消費を促す・・・」と書いてあります。

糖の吸収を抑える一般的な血糖値対策商品って何でしょうか?

例えばトクホの成分である「難消化性デキストリン」を配合した「賢者の食卓」とか、糖質を分解する酵素の働きを抑制する「サラシア」「桑の葉茶」といった製品のことを指しています。

つまりこれらは、血液に入ってくる前に糖質をブロックする機能です。

一方、糖ダウンのALAは、細胞内でブドウ糖をエネルギーに換えるのを促す機能で、運動の効果と似ています。(ALAについては後述)

糖ダウンと一般的な血糖値対策商品との違い

出典:SBIアラプロモ

例えばスポンジを細胞、水をブドウ糖と考えてみてください。

水を含んだスポンジを絞って水を出すと、また新たな水を吸収することができます。

繰り返し絞ると、どんどん水を吸い込むことで水の流れを良くします。

つまり糖代謝を促進すると、細胞へのブドウ糖の取り込みを促し、血糖値も改善されるのです。

サラシアや桑の葉などが糖質の入り口であるのに対して、糖ダウンは出口の部分で働いているので違うというわけです。

ちなみにもう一つ違う機能のものがあります。

それは血糖値を直接コントロールするインスリンに似た作用をする「インスリン様物資」と呼ばれるもので、血糖値サプリ「グラシトール」に含まれる「ピニトール」がよく知られています。

糖ダウンはこれとも違いますね。

アラプラス糖ダウンが機能するところ

糖ダウンは「空腹時血糖値」と「食後血糖値」も改善しますが、食事の度に飲むものではないので、1ヶ月、2ヶ月と継続するうちに、じわじわと効いてきて、「HbA1c」も下がるとされています。

アラプラス糖ダウン公式サイト

アラプラス糖ダウン購入レビュー

SBIアラプロモ公式サイトからアラプラス糖ダウン30カプセルを取り寄せてみました。

糖ダウン外箱

まず驚いたのは、注文当日発送で、翌日届いたこと。

これは私だけではないようで、公式サイトは超早い!

同梱物は写真のように冊子がいろいろ入ってきます。

糖ダウン同梱物

「生活習慣見直しチェックブック」は、チェック項目で点数チェックの他、血糖値を上げにくい3つの食事方法とか、激しい運動よりもインターバル速歩!などが載っています。

糖ダウンパッケージ表裏

カプセルは小さくて飲みやすく、ちょうどビタミンCカプセルのような感じです。

糖ダウンのカプセル

1日1錠いつ飲んでもよいので、食事のときに飲み忘れるという心配もありませんし、これなら確実に続けられますね。

アラプラス糖ダウン公式サイト

糖ダウンの口コミ(感想)

ほとんど良い感想しかみつからないのですが、こちらは公式サイトからの抜粋です。

Jさん(48歳)

以前、血糖値が高いと言われ、ショックでした。

血糖値が下がってくれれば食事が安心してできると思い、こちらのサプリメントを飲み始めました。

他の血糖値対策サプリメントと違い、食事の度に摂るのではなく、自分のタイミングで飲めるのでとても便利です。

Sさん(57歳)

甘いものが好きで、運動不足。

血糖値が高めと知り、心配になりました。

アラプラス糖ダウンは1日1回の摂取で、とても楽でよかったです。

飲み始めてから、甘いものを以前より欲しくなくなったり、元気が出てジョギングの回数が増えたので、効果があったと思います!

Mさん(67歳)

血糖値が高いと知り、びっくりショックでした。

でも毎日忙しくて出かけることが多く、残念ながら食事などにあまり気が使えませんでした。

糖ダウンは毎日好きなときに1カプセル飲むだけ。飲みやすくて良かったです。

Iさん(71歳)

血糖値が高めだといろいろな成人病につながるのではと不安でした。

糖ダウンは糖を燃焼してエネルギーに変え、元気にもしてくれるところが、素晴らしいと思います。

血糖値が下がったら、より生活が活動的になると思います。

糖ダウンが効かないという口コミについて

中には「糖ダウンを飲んでみたけど効かない」といった内容の口コミもあります。

しかし効かないという方にほとんど共通するのは、皆さん摂取期間が短いということです。

下のQ&Aにも書いていますが、臨床試験は3ヶ月摂取で行われています。

糖質の吸収を妨げるものではありませんので、飲み始めたその日から食後血糖値が下がることはありません。

最低でも1ヶ月は続けて様子を見てください。

糖ダウンに関するQ&A

Q, 飲むタイミングはいつが良いですか?
A, いつでも結構ですが、飲み忘れを防ぐために、夕食後などに決めて、習慣化するのが良い方法です。

Q, どれくらいの期間で効果が出ますか?
A,  糖代謝をアップさせる機能ですので、実感までにある程度の時間が必要です。

個人差はありますが、まずは1ヶ月以上お試し頂くことをお薦めしています。

臨床試験は3ヶ月経過後に行われています。

Q, 飲み合わせが悪いものはありますか?

A, ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)に関して、飲み合わせの悪い食べ物はこれまで確認されていません。もし体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

Q, 25品目のアレルギーを起こす成分は含まれていますか?

A, 25品目のアレルギーを起こす成分は含んでいません。

(25品目とは厚生労働省が表示義務として指定している、えび、かに、小麦、そば、卵、乳、落花生、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン)

Q, ALAはどうやって作っていますか?

A, ALAは日本に古くから伝わる発酵技術を応用して製造しています。

味噌や醤油などの発酵食品と同じ、微生物の力を借りた製造方法です。

Q, 商品はどこで製造していますか?

A, 日本国内の工場で、徹底した品質管理のもとに製造されています。

アラプラス糖ダウンの機能性表示

糖ダウンは「機能性表示食品」ですが、糖ダウンが認められた機能は次の通りです。

『本品は5-アミノレブリン酸リン酸塩を含み、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする機能があります。血糖値が高めの方に適しています。』

※「機能性表示食品」は、事業者が自分で臨床試験などを行い、特定の保健の目的が期待できる旨を表示することを消費者庁に届け出て、受理された商品です。

血糖値が高めの方に適しています。の理由

公立大学で行われたブドウ糖負荷試験(食後血糖値に近い値)で、糖ダウンを摂取した場合に「耐糖能」が低い人ほど数値が改善したという結果が出ています。

耐糖能が低い人とは、糖質の処理がうまくできない人、つまり「境界型糖尿病」、俗に言う「糖尿病予備群」「隠れ高血糖」の人です。

境界型糖尿病患者の糖代謝を、より大きく改善したという結果から、「血糖値が高めの方に」お薦めなのです。

アラプラス糖ダウン公式サイト

アラプラス糖ダウンの成分

5-アミノレブリン酸(ALA)

ここで、5-アミノレブリン酸(ALA: Amino Levulinic Acid)についてご説明しておきます。

細胞内のミトコンドリアの研究が進むうちに、ALAというアミノ酸がミトコンドリアに作用して、体内の代謝を活発にしていることが分かりました。

ミトコンドリアの中でのALAの働き

出典:アラププラス研究所

ALAが十分にあることによって、糖をエネルギーに変換するTCA回路を活発に動かして、結果的に血糖値を下げるのです。

その他にもALAは、次のような、生命活動にとって大切な働きをしています。

  • ヘモグロビンの原料になる
  • 抗酸化酵素になって活性酸素を除去する
  • 肝臓内で毒素を分解する酵素になる

しかし残念なことにALAは、加齢やストレスなどで減少することも分かっています。

体内のALAの生産量の変化
出典:アラププラス研究所

そこでALAを外部から積極的に取り込むと、糖代謝によってできるエネルギーと水が、若々しさやみずみずしさを保ち、加齢現象のスピードを落としてくれるのです。

糖ダウンにはALAが1カプセルあたり15mg入っています。

ALAについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を。

ALA(5-アミノレブリン酸)を分かりやすく徹底解説します!

その他の成分

糖ダウンに含まれるその他の成分と添加物についてもご説明します。

  • デンプン・・・説明省略
  • クエン酸第一鉄ナトリウム・・・ジェネリック医薬品にもなっている「鉄製剤」あるいは「造血剤」です。
    ALAは鉄と併用することで、より効果的に作用します。
  • HPMC(ヒドロキシプロピル メチルセルロース)・・・カプセルに使用される増粘・安定剤です。
    天然ポリマーが原料で、安全性の高い成分です。
  • 微粒二酸化ケイ素・・・いわゆるシリカ。
    粉末などがダマにならないようにする固結防止剤です。
    毒性は皆無に等しく人体にまったく影響がありません。
  • 着色料(二酸化チタン)・・・白色の着色料です。
    数百グラム単位で大量摂取すると毒性がありますが、食品添加物で経口摂取する限りは、まったく気にする必要はありません。

アラプラス糖ダウン公式サイト

糖ダウンに副作用はあるのか

アラプラス糖ダウンは「機能性表示食品」ですので、安全性に関する試験も行われて、4週間摂取・12週間摂取での臨床試験で安全性に問題なしとされています。

医薬品との相互作用も出ていません。

一応、病気の方や医薬品を服用している場合は、医師や薬剤師に確認するとよいと思います。

糖ダウンを飲んではいけない人は?

特に飲んではいけないと明示されているものはありません。

ただ、妊産婦や授乳中の方、未成年の方を対象に開発された商品ではありませんので、これらの方には積極的に安全性を示したデータもありません。たぶん大丈夫といったところでしょうか。

糖ダウンが向いていない人は?

特に糖ダウンが向いていないという人はありませんが、炭水化物の食事が多く、食事ごとに糖質の吸収を減らしたいという場合は、ルックルックイヌリンをお薦めします。

ただ食事の際は糖質を摂り過ぎないように心がけるべきですし、糖ダウンを飲んでいれば運動をしなくてもよいというわけでもありませんので、適度な運動も心がけるとよいでしょう。

アラプラス糖ダウンを選ぶメリット

  • いつ飲んでもよい

糖尿病治療の一つに「運動療法」がありますが、運動は食事のタイミングとは違いますね。

糖ダウンもこれと同じで、他の血糖値サプリやお茶などと違って、食事のタイミングに合わせて飲む必要がありません。

  • 1日1錠でよい

糖ダウンはとにかく1日1錠飲めばよいので、負担になりませんし、気持ち的にも楽です。
外出のときも持って行きやすいので、続けられる条件がそろっています。

  • 低血糖症状にならない

糖尿病治療でインスリン投与の量やタイミングを誤ると、効きすぎて低血糖症状を起こす危険があります。

サプリメントやお茶なら大丈夫かというと、そんなことはなくて、誤って大量摂取したり、飲み合わせたりすると低血糖の危険があります。

しかし糖ダウンは、糖の代謝を促すことで血糖値を改善しますので、低血糖症状になることはありません。

  • 元気がでる

糖ダウンは細胞レベルで糖をエネルギーに変換するので、元気ハツラツとした感じになるという、他の血糖値対策にない効果が期待できます。

糖ダウンのデメリットは?

特にデメリットになることはありません。

効果が現れるまで1~2ヶ月かかる方もいらっしゃるということくらいです。

 糖ダウンはどこで買うのが一番お得か

まず「アラプラス糖ダウン」は通販専用商品です。

販売されている主なサイトは

①総販売元の「SBIアラプロモ」の公式サイト

30カプセル単品と、継続して送られてくる60カプセルの定期購入があります。

②Amazon

30カプセル単品と、その複数個セット販売、10カプセルお試し品が販売されています。(在庫があれば)

Amazonには「SBIアラプロモ」と、その他のドラッグストアが出品しています。

③楽天市場、Yahooショッピング

30カプセル単品と、その複数個セット販売、10カプセルお試し品が販売されています。(在庫があれば)

楽天、Yahooは、ドラッグストアのみです。

さて、ぶっちゃけ、このうち一番安いのは、

30カプセル単品、その複数個セット販売なら、AmazonのSBIアラプロモです。

SBIアラプロモ アラプラス糖ダウン 30CP Amazon

在庫が無くなるとどうしようもありませんし、注文がおっくうになる、効果が出る前に何となくやめてしまうこともありますので、身体のことを考えるとあまりお薦めしません。

楽天、Yahooは、ポイント消費するために利用する以外に理由が見当たりません。

また、お試し10カプセルは、飲む期間が短すぎて、あまり買う意味がありませんね。

忘れず継続して飲むために定期購入するなら、SBIアラプロモ公式サイトしかありません。

定期購入は20%引きが適用されますし、在庫切れの心配もありません。

60カプセルが2ヶ月に1回送られてきます。

休止や解約は次回の15日前までに連絡すればOKです。

アラプラス糖ダウン公式サイト