サラシアの効果とサラシアサプリ・サラシア茶

サラシアキネンシスの木片

サラシアは血糖値対策だけではなくて、ダイエット系のサプリにも配合されているので、よく知られるようになりましたね。

今回はこのサラシアについて、徹底解剖してみたいと思います。

サラシアのすべてが分かる記事です!

どの製品が良いのかすぐに知りたい場合は、厳選サラシアサプリ、サラシア茶へ直行してください。

サラシアの機能と効果を一言で言うと

サラシアは炭水化物の分解吸収を阻害する(じゃまをする)ことで、炭水化物を食べても血糖があまり増えない、少しずつ緩やかに吸収されるという機能性食品になります。

下は有効成分サラシノールで説明した図。

サラシノールの機能

引用:富士フィルムのメタバリア公式サイト

血糖があまり増えない、つまりインスリンが活躍するまでもなく、食後血糖値が上がらない。

継続することで、空腹時血糖値やHba1cもコントロールできます。

また、炭水化物を食べても、あまり中性脂肪などにならないから、ダイエット系サプリにも利用されているのです。

サラシアの種類と使われる部分は?

サラシアの生息地はインド・スリランカ・タイ・ミャンマーあたりで、サラシアの種類(品種)は主に3つです。

サラシア・レティキュラータ (コタラヒム・コタラヒムブツも同じ)、サラシア・キネンシスサラシア・オブロンガのどれかが原料になっています。

そしてサラシアはつる性の低木で、使われる部分は主に地下の茎や根、幹です。

葉にも有効成分が含まれていますが茎や根の方が多いので、そちらを使います。

サラシアキネンシスの原木

写真はタイ原産のサラシア・キネンシス。

サラシアの有効成分は2つ

サラシアに含まれる有効成分は、サラシノールコタラノールの2つです。

ネオサラシノールネオコタラノールを入れると4つになります)

化学的組成がちょっと違いますが、だいたい同じようなものと思って構いません。

サラシアの原木には元々どちらも含まれていますが、エキスにした場合は、その抽出技術によって差が出るようです。

例えば、株式会社タカマのサラシノールは「ダスデス(Dasdes)」という名前で日本・アメリカの特許を取得しています。(サラシア・オブロンガのエキス末)

タカマは元々原料メーカーですので、タカマのサラシノールを使った製品は結構あります。

ネオコタラノール抽出技術の方は小林製薬が特許を取得していて、サラシア・キネンシスの幹から抽出したエキス末を使用しています。

ネオコタラノールは更に特定保健用食品(トクホ)の認可も得ていますので、小林製薬の「サラシア100」にはトクホマークがありますね。

トクホのサラシア100

2017年に機能性表示食品でサラシア100より安い、「コタラエキス粒」も出ました。

コタラエキス粒

サラシノールは、機能性表示食品として届け出受理された製品が10数種類あります。

必ずしも機能性表示食品ではないサラシノールが、機能が低いというわけではありません。

機能性が認められるサラシノールの量は、1回あたり0.2mg以上とされていますので、3食1日分で表示していると0.6mg以上になります。

製品を選ぶときの参考にしてください。

サラシアの効果の証明

サラシアの効果を示した試験データはいくつもありますが、例えばこれ。

II型糖尿病患者66名を対象とした二重盲比較試験で、試験食(炭水化物110 g含む)とサラシア・オブロンガ抽出液240mgまたは480mgを摂取させたところ、0~180分後の血清中のブドウ糖とインスリンのピーク値とAUCが低下した。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17616771?report=abstract(英語)

サラシノールとコタラノールではどちらが効くかというのも気になるところですが、タカマのサイトに、炭水化物を分解する酵素をどれだけ阻害するかという実験データがありました。

数値は酵素の活性度合いを示す値(IC50)で単位はμg/mlです。

α-グルコシダーゼ サラシノール コタラノール アカルボース
マルターゼ 3.20 2.80 1.30
スクラーゼ 0.84 0.58 1.10
イソマルターゼ 0.59 1.90 100.00

引用:http://www.takama.info/salacia/

アカルボースというのは、病院で処方される代表的なα-グルコシダーゼ阻害薬です。

マルターゼやスクラーゼは酵素の名前で、数値が低い方がよく効いていることになりますので、この実験データでは、サラシノールよりコタラノールの方が効いているようですね。

サラシアの安全性と副作用

様々な試験データを見る限り、サラシアをお茶やサプリで飲むぶんには安全です。

ただし、動物実験で妊娠ラットに体重1kgあたり10gのサラシアエキスを大量摂取させたところ、流産が増えたというデータがありますので、おそらく妊婦は避けた方がよいのでしょう。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12845381?dopt=Abstract(英語)

サラシアの副作用については、お腹の張り、ゴロゴロ、げっぷ、オナラ、軟便や下痢、吐き気などの症状が報告されています。

慣れたら普通は緩和されますが、合わないようなら、やめた方がよいですね。

サラシアの粉末・サプリ・お茶、どれが良い?

サラシア関連製品は、いろいろな形状で販売されていますが、どれが良いのでしょうか?

一概にどれが良いとも言えませんが、単純に考えて、サラシアをそのまま粉末にしたものより、成分抽出したサラシアエキスの方が、効き目があります。

エキスから水分を抜いて粉末にしたものが、「エキス末(乾燥エキス)」です。

「濃縮エキス」と書いてある場合もありますが、そもそも「エキス」は濃縮されたものなので、無視してよいでしょう。

サプリメントはほとんどエキス末を使用していますので、効き目があると思います。

あとは含有量の差ですが、はっきり表示してあるものが安心です。

お茶の場合は、サラシア粉末なのかサラシアエキス末なのか、あるいは葉なのか、よく確認してから購入されるのがよいと思います。

厳選サラシアサプリ、サラシア茶

コタラエキス粒

コタラエキス粒

コタラエキス粒は、サラシア・レティキュラータから抽出した「ネオコタラノール」を配合した「機能性表示食品」です。

小林製薬のサラシア100と同じ、ネオコタラノールを有効成分としていますが、

1ヶ月分が120粒なのに、サラシア100よりも安い!

(サラシア100は90粒)

しかもネオコタラノールの含有量も、コタラエキス粒の方が多いです。

(サラシア100:1粒あたり221μg、コタラエキス粒:1粒あたり224μg)

サラシアサプリなら間違いなく一番コスパが良いと思います。

高齢者の写真が多いページですが、もちろん年齢は関係ありません。

コタラエキス粒公式ページ

レビュー記事はこちら

コタラエキス粒はサラシアサプリで最もコスパが良い!

サラシア100

コタラエキス粒とサラシア100


知名度も実力も十分なのが、トクホのネオコタラノールを使っている小林製薬の「サラシア100」です。

サラシアキネンシスのエキスで、コタラエキス粒とは原木の種類が違います。

コタラエキス粒よりやや大きめの粒ですが、ほとんど変わりません。

サラシア100

サラシアプラス

サラシアプラス

続いて、がっつり有効成分を摂りたいなら「サラシアプラス」です。

サラシアプラスは、サラシア・レティキュラータ(コタラヒム)の他に、ギムネマ、桑の葉、緑茶、グァバ葉といった血糖値対策成分や、白インゲン抽出物、ウコン、オルニチン、パン酵母抽出物(グルコポリサッカライド)、清酒酵母、黒胡椒という、全部で11種類の有効成分ビタミンB群をブレンドしたサプリメントになっています。

たくさん成分が入っているだけあって、価格は少々お高いほうです。

ただし1ヶ月分120粒入りで、1日4粒目安なのですが、毎食前だと中途半端なので、1日3粒でよいかもしれません。

公式サイト→サラシアプラス

メタバリアS

富士フィルムの「メタバリアS」は、糖質オフや整腸作用を押し出しているダイエット目線のサラシアサプリです。(メタバリアスリムの後継品)

名前からもメタボや肥満対策のイメージがありますが、「機能性表示食品」で、血糖値対策サプリとしてもしっかり使えますよ。

主成分は、「賢者の食卓」でお馴染みの「難消化性デキストリン」サラシアエキスです。

メタバリアSトライアルパック

メタバリアSには、14日分がたったの540円で購入できるトライアルパックがありますので、気軽にお試しもできます。
メタバリアS 14日トライアル

まとめ

  • サラシアは炭水化物の分解吸収を阻害して、食後血糖値を上げない。
  • サラシアは葉よりも茎や根・幹が使われる。
  • サラシアの有効成分はサラシノールとコタラノール。
  • サラシノールよりコタラノールの方が有効かも。
  • サラシアは安全だが、妊婦は避けたほうがよい。
  • お腹の張り、ゴロゴロ、げっぷ、オナラなどの副作用が出ることもある
  • 有効成分を抽出したエキスやエキス末(乾燥エキス)がよい
  • どれがよいか迷ったら、コタラエキス粒

コタラエキス粒公式ページ

  • メタバリアは540円で14日分お試しできる

メタバリアS 14日トライアル

アーユルヴェーダって何?(おまけの話)

サラシアは、よくインドの「アーユルヴェーダ」で利用されてきたハーブということが紹介されていますね。

これは何かというと、インドやスリランカで紀元前1,000年よりもっと前からある「生命の科学」とも言われる伝統医学で、医学だけではなく生活の知恵や哲学まで含むものです。

サラシアに関しては、サラシアの茎などで作ったマグカップの中に水を入れて、成分が染み出したところを飲むとういう方法で、肥満や糖尿病の予防をしていたようですよ。